卵殻膜化粧水を手作りするのは危険?!作成方法と注意点

卵殻膜化粧水は手作り可能

お肌の修復効果が高く注目の集まっている卵殻膜ですが、実は卵殻膜を使った化粧水は手作りで作ることも可能なんです!

卵はいつでもどこでも手に入る材料ですから、市販のものを買うより自分で作ってしまえばいいんじゃないの?って方のために、一応卵殻膜化粧水の作成方法を紹介しますね。

作成方法は紹介しますが、卵殻膜化粧水を作成する過程は“かなり面倒くさい”です・・・。しかも卵殻膜の他にも度数の高いお酒(アルコール)を使用しますし、自分で作る際にどのような菌が混ざってしまうかわかりません。

市販のものには防腐剤が入っていますから、使用期限内は安全に使用することができますが、手作りはいつ傷んでいるのか判断できないというデメリットもありますから、その辺はご理解いただいた上で作ってみてくださいね。

やっぱり自分で作成するより市販の安心できるものを使用したいという方は、こちらから卵殻膜美容液、化粧水の人気ランキングを確認してみてください。

卵殻膜化粧水を手作りする際の材料

手作り卵殻膜化粧水の材料は以下のとおりです。

生卵の薄皮 20個~30個分
度数の高いお酒 40度以上のものを適量(約500ml)ウォッカやホワイトリカー等
精製水 適量(約500ml)

これら材料が必要となります。

卵の薄皮、つまり卵殻膜ですが、生卵のものでないと作ることはできません。ゆで卵だと卵殻膜の成分の形状が変わってしまっています。

精製水は、ただ単に水道水を沸騰させただけでなく、水道水に含まれる塩素やミネラルなどの不純物を一切取り除いたものです。

ドラッグストアの消毒液コーナーやコンタクトレンズ用品のコーナーに行けば見つけることが出来るはずです。価格は必要な量500mlで100~200円くらいです。

度数の高いお酒については、ウォッカやホワイトリカー等がいいと思います。アルコール度数が40度以上のものでないと使うことができません。価格は1,500円以内で購入できると思います。

手作り卵殻膜化粧水の作成手順

①卵の薄皮をむく

最初の手順は、卵殻膜化粧水の原料となる卵の薄皮の採取です。割った生卵の殻を水に一晩漬けると卵の薄皮が剥がれやすくなります。

先ほど注意点として書きましたが、“ゆで卵の殻”から採れる膜では卵殻膜化粧水は作成できませんので注意してください。

約20~30個の卵の殻を一気に入手するのは飲食店を経営している等じゃないと難しいと思います。卵料理をした際に少しずつ集めておいてください。

②薄皮を乾燥させる

生卵の殻から採取した薄皮を乾燥させてください。乾燥の仕方は特にこうしなきゃいけないというのはありません。清潔な場所に広げて放置するだけでOKです。元々軽いものですから、乾燥した際に飛んで行ってしまわないように考慮してください。

半透明の卵の薄皮(卵殻膜)が白くなるまで乾燥させてください。

一気に大量の薄皮を用意できない方は、卵殻膜化粧水を作れる量になるまで、ペットボトルの中などに入れて貯めておいてください。

③乾燥させた卵の薄皮をお酒に漬ける

20~30個分の乾燥させた卵の薄皮(卵殻膜)が集まったら、集めていた容器に用意した度数の高いお酒(ウォッカ等)を入れます。この容器のふたをしっかりと閉めて、約2週間放置してください。

ここで覚えておいていただきたいのが、度数の高いお酒に漬けた卵の薄皮に変化が出なくてもそのまま様子を見守って欲しいということです。

イメージとしては、卵の薄皮が溶けていって化粧水が出来上がる感じじゃないですか?

この行程では卵の薄皮(卵殻膜)には、ほとんど変化が見られませんので心配せず、そのままにしておいてください。

④液体を濾過する

2週間放置した卵の薄皮(卵殻膜)を浸けたアルコールを濾過します。

濾過することで卵殻膜エキスを取り出していく行程となります。濾過するため、ボールにザルを乗せます。その上にさらにきめ細かい不織布、キッチンペーパーの順で重ねてください。

濾過する準備が出来たらゆっくりと液体を流し込みます。この際に不織布やキッチンペーパーについている液体を絞るようなことはせずに、自然と落ちていくのを待つようにしてください。

この濾過の作業が終了した時点で、卵殻膜エキスの完成となります。

⑤最後の仕上げは精製水との調合

出来上がった卵殻膜エキスを精製水と調合します。この卵殻膜エキスと精製水の調合の割合ですが、お好みでOKです!

とりあえずお好みの割合も分からないという方は、5:5の割合で調合してみてください。これくらいの割合ですと、アルコールのサッパリとした感じが残ります。

お肌が弱く敏感だという方は、精製水の割合を上げてください。

実際に自分のお肌に塗りながら割合を調整して言っていただければと思います。

ここで注意していただきたいのが、手作り卵殻膜美容液は作り置きがあまり効かないということです。市販の元は違い、除菌剤や防腐剤が入っていませんから、もって2~3週間といったところです。作り置きして使用するのはリスクがありますから、なるべく作成から間を置かずに使い切るようにしてください。

※保管については冷蔵庫を使用してください。

卵殻膜化粧水は手作りより市販が安全ですよ!

ここまで卵殻膜化粧水の手作りの行程を紹介してきましたが・・・やっぱりちょっと手作りってリスキーですよね?

除菌剤や防腐剤が入っていないから、いつまで使えるのかも不確かですし、手作りの行程で手に付着した菌が卵殻膜化粧水に入ってしまうなんてことも十分に想定ですきますからね。

手作りの行程を詳しく紹介した後にこんなお話するのもなんですが、やっぱり市販のしっかりしたものを使用した方が安全で安心です。

無着色・無香料・無鉱物油で安全性が高く、価格も安価で抑えられている高品質な卵殻膜美容液が多数発売されていますから、そちらをチェックしてみてください♪

卵殻膜化粧水の効果を感じる前に、トラブルにならないように、まずは安全・安心の美容液をお使いいただくことをオススメします!

卵殻膜化粧水は手作りより市販が安全ですよ!

ここまで卵殻膜化粧水の手作りの行程を紹介してきましたが・・・やっぱりちょっと手作りってリスキーですよね?

除菌剤や防腐剤が入っていないから、いつまで使えるのかも不確かですし、手作りの行程で手に付着した菌が卵殻膜化粧水に入ってしまうなんてことも十分に想定ですきますからね。

手作りの行程を詳しく紹介した後にこんなお話するのもなんですが、やっぱり市販のしっかりしたものを使用した方が安全で安心です。

無着色・無香料・無鉱物油で安全性が高く、価格も安価で抑えられている高品質な卵殻膜美容液が多数発売されていますから、そちらをチェックしてみてください♪

卵殻膜化粧水の効果を感じる前に、トラブルにならないように、まずは安全・安心の美容液をお使いいただくことをオススメします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする